柏の葉 眼科|柏市 眼科|柏 眼科|柏の葉キャンパス駅 眼科|ららぽーと 眼科|つくばエクスプレス 眼科

  • home
  • message
  • facility
  • eye
  • faq
topics(専門外来・手術)
  • 糖尿病網膜症
  • レーザー治療
  • アレルギー性結膜炎
  • ドライアイ
  • おおた眼科院長コラム
QRコード

【柏市、柏の葉・おおた眼科スマホサイト】

スマートフォンからQRコードを
読み取るとスマホサイトにアクセス
できます。

〒277-8518 千葉県柏市若柴175

ららぽーと柏の葉 1階

tel

04-7168-1491(予約電話番号)

日本眼科学会認定専門医
院長 太田裕之

  • home
  • message
  • facility
  • eye
  • faq

HOME > 目の病気Q&A > 緑内障とは?

目の病気について 目の病気について
緑内障とは? 緑内障とは?
1. 緑内障とは
視神経が損傷し、視野が狭くなる病気で、我が国の失明原因の第1位となっています。最近の大規模な調査では、40歳以上の20人に1人(5%)が緑内障であることが分かり、有病率は年齢とともに増加することが知られています。自覚症状が少ないため、緑内障と気づかないあいだに進行していることが多く、早期発見・早期治療が大切です。40歳を過ぎたら一度眼科で緑内障がないか、診察を受けることが大切です。
2. 緑内障の原因
房水(目の中を循環する液体)が排水されにくいことで、眼球内の圧力(眼圧)が高くなり視神経が損傷して発症します。日本人の緑内障の約7割は正常眼圧緑内障とされており、眼圧が正常であるにも拘わらず、視神経が脆弱であることで、視神経が損傷され緑内障となるものです。
3. 緑内障の症状
人は両目でものを見るため、片眼に視野が欠けている部分があっても、もう一方の目で補いますので、視野の変化になかなか気づきません。自覚症状としては、見えないところ(暗点)が出現する、見える範囲(視野)が狭くなることというものが、初期の段階では自覚せず、かなり進行して初めて気づくケースが多くみられます。また、緑内障は視神経が障害される疾患であり、一度失った視野(神経細胞)を元に戻すことはできません。その為、定期的に眼底検査をうけることによる早期発見・早期治療が大切です。
緑内障は通常慢性的に進行する疾患ですが、急激に眼圧が上昇することによる急性緑内障発作というものもあります。この場合は、目の痛み、頭痛、吐き気、目のかすみ等を自覚し、症状も激烈です。視野障害も急速に進行しますので、すぐに治療を受ける必要があります。
4. 緑内障の検査
視力、眼圧を測定するとともに、眼底検査で詳しく視神経を観察します。また、眼底三次元画像解析(OCT)により網膜神経線維層の厚みを測定し、視野検査で視野感度の低下がないかを検査します。さらに、瞳孔を大きくし(散瞳)、より詳細な眼底検査が行われ、目の中を循環する液体(房水)の流出路を観察する目的で前房隅角検査を行います。
  • ○眼底検査
    目の奥の眼底を細隙顕微鏡等で観察します。視神経乳頭陥凹拡大、網膜神経線維層欠損等視神経及び網膜神経線維層の形態学的変化を観察します。
    眼底検査
  • ○眼底三次元画像解析装置(OCT)検査
    当該機器を用いて、視神経乳頭周囲の網膜神経線維層の厚み、黄斑部網膜内層の厚み等を解析します。
    眼底三次元画像解析装置(OCT)検査
  • ○視野検査
    1点を凝視しながら見える範囲(視野)を測定します。静的視野計と動的視野計があり、各々の検査特性を生かし、高精度に緑内障を検出します。また、一旦緑内障と診断された場合は、視野障害の進行がないか、これらの機器を用いて検査を行います。
    静的視野検査

    【静的視野検査】

    動的視野検査

    【動的視野検査】

    静的視野解析結果

    【静的視野解析結果】

5. 緑内障に対する治療
眼圧を下げることで視神経の障害の程度を抑え、視野障害の進行を抑制します。眼圧を下げるにはまず点眼を行います。それでも効果が不十分な場合は、レーザー療法、手術療法を行うこととなります。
緑内障は視神経が障害されることにより起こり、一度障害された視神経は回復することはありません。ですので、治療の目的は、緑内障を治すのではなく、進行を抑制し、遅らせることとなります。また、正常人でも加齢に伴い視神経は少しずつ障害されていきますので完全に緑内障の進行を抑制することは困難です。
  • (1)点眼
    点眼を行うことで眼圧を低下させます。
    以下に示す様々な作用機序の異なる薬剤があり、1種類だけでは効果が弱い場合は、複数の点眼をすることとなります。点眼を毎日、根気よく続けていくことが重要です。

    ○プロスタグランジン製剤(ぶどう膜強膜流出促進)・・・キサラタン、タプロス、トラバタンズ、ルミガン等
    ○交感神経β遮断薬(房水産生抑制)・・・チモプトール、チモプトールXE、ミケラン、ミケランLA等
    ○炭酸脱水素酵素阻害剤(房水産生抑制)・・・トルソプト、エイゾプト
    ○交感神経α1遮断薬(ぶどう膜強膜流出促進)・・・デタントール
    ○交感神経α2刺激薬(房水産生抑制、ぶどう膜強膜流出促進)・・・アイファガン
    ○配合剤・・・ザラカム、デュオトラバ、コソプト、アゾルガ
  • (2)レーザー治療
    点眼で十分に眼圧が下がらない場合、角膜上皮障害やアレルギーにより点眼継続が困難な場合、通院困難等の理由で点眼が守られにくい場合、多数の点眼をしており点眼の剤数を減らしたい場合等に、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)が施行されます。Qスイッチ半波長Nd:YAGレーザーにより線維柱帯(眼球内の角膜と虹彩で作る角の部分にあり、眼で産生される水(房水)の流れ路となっています)を照射します。レーザー照射を受けた線維柱帯は再構築され、房水の流出が円滑となり、結果、眼圧が下降します。緑内障の点眼1剤分くらいの効果があるとされています。
    その他に、閉塞隅角緑内障や急性緑内障発作時に、虹彩に孔を開け、眼内の房水の流れる方向を変えるレーザー虹彩切開術(LI)があります。レーザー治療は外来で行うことができます。
    SLT・YAGレーザー

    【SLT・YAGレーザー】

  • (3)手術
    点眼やレーザー治療で十分に眼圧下降が得られない場合に適応となります。房水を眼外に染み出すようにし、新たな房水流出路を作成する手術(線維柱帯切除術等)、線維柱帯を切開して房水の排出を促進する手術(線維柱帯切開術)、房水の排出を改善するために専用のインプラントを留置する手術(チューブシャント手術)等があります。
TOP